闇金への対応

もし闇金を利用してしまった場合には、どのような対応を取るのかを知っておくことが重要です。最初にやるべきことは、信頼できて闇金問題に詳しい弁護士へ相談をすることになります。ちなみに借金の相談を無料で対応してもらえる法律事務所もあります。相談後、対策を依頼した場合には、大体5万円前後必要になることが多いでしょう。また、弁護士に依頼する前に闇金側が返済の催促をしてくることもあります。

本来闇金というのは違法業者なので、借金をしたとしても返済する義務はありません。よく脅しをしてくることもあるのですが、無視するのが1番です。万が一本当に嫌がらせをしてきた場合には、警察への連絡が必要になるケースもあります。ただし、警察も闇金と繋がりがあるので、やはり弁護士への依頼を急ぐべきでしょう。よく行われる嫌がらせとしては、連日のように電話をしてくることです。

また、酷くなるとインターネット上で誹謗中傷を行う、個人情報を勝手に晒すなどがあるのですが、このようなときには警察への被害届け提出が必要になります。また、家族にも嫌がらせの電話をしてくるケースもあるのですが、この場合にも着信拒否にしてもらうことや、相手にしないように伝えるなどの対策が重要です。このように対策方法を知っておくだけでも安心できるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

闇金の特徴

闇金業者に対抗するためには、弁護士に相談をすることも重要なのですが、どのような特徴があるのかを知っておくことも重要です。彼を知り、己を知れば百戦危うからずということわざがあるように、相手のことを知ることも立派な対策だと言えるでしょう。闇金の特徴というのは、期限が過ぎていないのに催促してくることや、催促の連絡は常に携帯電話から行ってくるのが特徴です。

また、企業名を偽っていることも多いですし、ホームページに記載されている住所の場所に会社がない場合も多いでしょう。そのため、住所の場所をグーグルマップなどで確かめてみるという対策もできます。もちろん最初は丁寧に対応してきますが、借りたとたんに態度が悪くなるのも特徴です。通常賃金業の場合には、勝手に営業することはできないので、登録番号を取得して記載していることも多いでしょう。

この登録番号を示していない業者も要注意です。ただし、偽装した番号を記載している場合もあります。そして家まで押しかける、会社まで押しかけると脅してくることも多いのですが、実際に来ることはまずありません。もちろんこのような脅しがあれば怖いと感じる人も多いので、早めに弁護士に相談をして対策を講じるべきでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

早めに相談をする

自分がお金を借りた業者が闇金だと分かったら、早めに弁護士へ相談する必要があります。ただし、弁護士選びはきちんと情報収集や比較を行って、ここなら安心できるという法律事務所を見つけてから依頼しないといけません。では、どこで闇金業者だと気が付くことが多いのでしょうか。まず闇金の特徴というのは、法外な利息を取ることが挙げられます。そのため、お金を借りる前には利息制限法や出資法について知っておくことが重要です。

そうしないと高い利息を取られたとしても、違法なことを行っていると気が付きません。また、お金を借りる前には必ず返済する場合の金利や利息などについては聞いておくことが重要です。おそらく一般の人では金利などについて理解するのは難しいでしょうから、ホームページに記載されている○○パーセントの金利で間違いありませんかという問い合わせでもよいでしょう。

そしてホームページに記載されている金利に関するページをコピーしておくとよいでしょう。お金に困っている人というのは、後先を考えずにすぐ借りてしまうことが多いのですが、このような人に付け込んでくるのが闇金なのです。万が一借りてしまった場合には、そのまま放置しないで必ず弁護士に相談をしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket